かに通販のかにを上手に解凍する方法

 

冷凍のかに通販の上手な解凍方法を知らないと、せっかくおいしいかにの味が落ちてしまいます。

 

おいしくかにを食べるためには必ず知っておきたい解凍方法と、余ったかにを正しく保存する方法について考えてみましょう。

 

かに通販を利用するときに、これらの情報を参考にして下さいね。

 

 

急速冷凍技術を利用してカチカチになったかにが家に届きますが、おいしく食べるためには解凍を上手くしなければなりません。

 

解凍の仕方を間違えてしまうと、かに本来のうまみが氷と一緒に外に溶け出してしまいます。

 

そうすると身を食べたときに味がしなかったり、身が乾燥して固く感じたりしますよ。

 

 

かに通販のかにを上手に解凍する方法は、冷蔵庫を使った解凍です。

 

急速冷凍されたかには、じっくりと時間を掛けて解凍していかなければなりませんが、冷蔵庫を使えば時間を掛けて解凍が出来ます。

 

常温に置いておくと解凍速度が速くなってしまって、うまみをかにの中に閉じ込めておくことが出来ません。

 

 

冷蔵庫の中で時間を掛けて解凍すると、大体20時間から24時間は解凍にかかるでしょう。

 

かに通販から届いたかにをすぐに食べられないのは残念ですが、かにのおいしさを堪能する為なので我慢して下さい。

 

食べたい時間から逆算して注文し、冷蔵庫で解凍するようにしましょう。

 

スーパーなどで買う冷凍食材は解凍が早いですが、かにの場合は特殊な冷凍技術を使っているために時間がかかります。

 

 

冷蔵庫で解凍しているときに気をつけて欲しいのは、かにの身が乾燥しないようにすることです。

 

実は冷蔵庫の中というのはとても乾燥しているので、解凍の途中で、かにの身の水分がどんどん蒸発してしまいます。

 

必要な水分が蒸発せずにかにの中にとどまるようにするために、かにをキッチンペーパーでくるむようにして下さい。

 

 

かにが大きすぎて冷蔵庫に入らないときには、気温が低い部屋でジックリ解凍させましょう。

 

夏場は出来ない方法ですが、冬の時には納戸や倉庫など気温の低いところで、キッチンペーパーにくるんで解凍するとうまみ成分を逃がしてしまうことはありません。

 

 

かには種類によって解凍時間が変わってきます。

 

タラバガニや毛ガニは24時間ほどかかりますし、ズワイガニは18時間程度です。

 

カットされているタラバガニの足だと18時間ですが、カットされていない足は24時間くらいかかります。

 

ズワイガニの足はもっと速く、12時間程度で解凍されます。

 

 

毛ガニを解凍するときには甲羅を下にしてください。

 

このように毛ガニを仰向けにした状態にして解凍を行なうと、かに味噌が解凍されると同時に外に流れ出してしまうことを防げます。

 

かにの足を解凍するときには、その日に食べられる分だけを解凍しておくと良いですよ。

 

食べ残ったかにを上手に保存する方法

 

 

食べ残ったかにを保存するときには、どうしたら良いのでしょうか。

 

生がにの時にはそのまま冷凍せずに、茹でた後に冷凍するようにしましょう。

 

冷凍庫に生のかにを入れてしまうと、黒く変色してしまうので注意して下さい。

 

 

ボイルかにを保存するときには、水分が蒸発しないようにキッチンペーパーかラップに来るんで冷蔵庫か冷凍庫に入れましょう。

 

冷蔵庫に入れると2日くらい保存できますし、冷凍庫に入れると1週間は保存が利きます。

 

 

冷凍のかにを保存するときには、冷凍庫に入れておいて、食べる分だけを解凍して食べましょう。

 

どうしても食べきれないときには、余ったかにをコロッケに入れたり、シーフードパスタに入れたりして食べきるようにも出来ます。

 

かにを出来るだけ長く保存したいときには、真空パックなども使えますよ。

 

 

冷凍のかに通販の上手な解凍方法は、冷蔵庫を使ってゆっくり解凍することがコツです。

 

長期の保存をするときには真空パックを使ったり、キッチンペーパーに来るんで冷凍庫に保存したりして下さい。